髪が硬めの人にオススメのヘアオイル

A子
硬くて乾燥した髪がしなやかに、まとまりやすくなればいいのに…

この記事では、こんな悩みを解消します。

キレイな髪を保つために、どんなことをやっていますか?

シャンプーのあとはトリートメントだけ、という人はもったいない!

お風呂上がりのちょっとした一手間で手触りがグンとよくなるアイテム、知らないとハッキリ言って損です。

この記事を読むと、髪のために毎日した方がいい〇〇が分かって、髪がツヤツヤになります。

この記事を読んでいるあなたは、毎日どんな手順でヘアケアをしていますか?

↓毎日この手順でヘアケアをしている人は、今すぐにやめたほうがいいです。

  1. シャンプー&トリートメント
  2. 流す
  3. タオルで水滴を拭く
  4. ドライヤーで乾かす

トリートメントを流したあと、タオルで拭いてドライヤーを使うと、ドライヤーの熱によって髪がパサパサになります。

ドライヤーの熱は、私たちが思っている以上に髪にダメージを与えます。

ドライヤーの冷風で乾かすと、温風で乾かす2倍以上の時間がかかります。

自然乾燥では、髪のキューティクルが整わずボサボサヘアーになり、

地肌を濡れたままにするのは頭皮にも良くありません。

翌日キレイなヘアスタイルでいるには、ドライヤーの温風で乾かすことは欠かせません

髪をパサパサにしないために、ドライヤーを使う前に、ある一手間を加えます。

  1. シャンプー&トリートメント
  2. 流す
  3. タオルで水滴を拭く
  4. 毛先を中心に、ヘアオイル(洗い流さないトリートメント)をつける
  5. ドライヤーで乾かす

↑「毛先を中心にヘアオイルをつける」この一手間を加えるだけで、ドライヤーの熱で髪がパサパサになるのを防げます。

最近では色んなメーカーから「洗い流さないトリートメント」や「ヘアオイル」が出ています。

そこで、実際に使ってみてよかったアイテムを紹介します。

それがこれ↓

ケラスターゼ HU ユイルスブリム

どちらかといえば、ケラスターゼって高いってイメージあるじゃないですか。

それが、実はなかなか減らないのでコスパ最高です。

髪を洗ってタオルドライ後に、ユイルスブリムを1プッシュして手のひらに伸ばし、毛先を中心になじませます。

そのあと目の粗いブラシでとかすと、ヘアオイルが均一に行き渡るので更にいいです。

それからドライヤーを使います。

ユイルスブリムの何がいいの?

  • パサパサだった髪がしなやかになる
  • オイルなのに仕上がりは軽やか
  • 頭頂部から毛先にかけて、自然なが出る
  • ココナッツのような、甘い香りがフワッと香る
  • 続けて使うと、バリバリの硬い髪が髪質が変わったようにしなやかにまとまる

ドラッグストアで売っているプチプラアイテムの中にも使用感がいいものもありますが、

ユイルスブリムの使用感には到底かないません

今まで色んなアイテムを使いましたが、アウトバストリートメントの中ではケラスターゼのユイルスブリムがダントツです。

セミロングで毛量多めの髪に使ってもなかなか減らないのでコスパ最高

使ってる人はわかると思うんですけど本当になかなか減らないのでコスパいいです。

毛量多めのセミロングの私でも、1年くらい普通に持ちます。

ドライヤーで乾かしたあと仕上げに半プッシュくらいをなじませると、更にツヤツヤサラサラになるんですが、それでも半年以上は持ちます。

洗い流さないトリートメントで半年〜1年持つってすごくないですか?

逆にプチプラアイテムの方が3ヶ月でなくなったりします(汗)

髪質が軟らかい人にはピンクのユイルスブリムもおすすめ

以前使ってたんですけど、ピンク色のユイルスブリムもとてもいいです。

ゴールドのユイルスブリムと何が違うかと言うと、

ピンクのタイプは髪にハリが出ます。香りも違います。ピンクはフローラル系の香りです。

次回は、ユイルスブリムには劣りますがその他のアウトバストリートメントについて紹介しようと思います。

あわせて読みたい
薬局で買える、洗い流さないトリートメント6選
薬局で買える、洗い流さないトリートメント6選今回は、薬局で買える洗い流さないトリートメントを紹介します。【呼び名は違っても、髪への役割はほぼ同じ】洗い流さないトリートメントアウトバストリートメントヘア...
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる