ジェニファーロペスの香水 still(スティル)って、どんな香り?

URLをコピーする
URLをコピーしました!

今回は、ジェニファー・ロペスがプロデュースした香水 still(スティル)をレビューします。

この記事を読むと、

A子
stillってどんな匂い?

という疑問が解決します。

もくじ

ジェニファーロペスって?

ジェニファー・ロペス(Jennifer Lopez, 1969年- )は、アメリカの女優・歌手・プロデューサー。

wikipedia より

J. Lo(ジェイロー)という愛称でも呼ばれており、この愛称を冠した香水や衣服も発売されている

wikipedia より

↑2002年に発売されたオードトワレ Glow by JLo(グロウバイジェロー)は、発売後たちまち大ヒットした有名フレグランス。

今回紹介するのは、2003年に発売されたstill(スティル)です。

still(スティル)とは?

ジェニファー・ロペスが手掛ける香水 Stillは、恋の気持ちを表現するような大人の香水です。アールグレイティーがベースのホワイトフローラルは、男女問わず好まれる香り。香り立ちも軽く、つける場所を選ばないのも魅力です。恋に、仕事に、自由に行動するジェニファーのように生きたい、全ての女性にお届けします。

coloria公式サイト より

ジェニファーロペスは、25歳以上の落ち着いた大人の女性をイメージしてこの香水をプロデュースしました。

落ち着いたトーンのベージュのボトルの表面はダイヤモンドカットを思わせる加工がされており、光にかざすとさりげなく輝きます。

「年齢を重ねても輝きを失わないー」そんな思いが込められているかのようなデザインです。

<香調>
トップ:ホワイトペッパー、アールグレイ、マンダリン、日本酒
ミドル:ピンクフリージア、オレンジフラワー、ワイルドジャスミン、ローズ、ハニーサックル
ラスト:ムスク、サンダルウッド、アンバー、オリス

2005年には、アットコスメ ベストコスメ大賞 フレグランス部門で第3位にランクイン

最近では、SNSで「紅茶の香り」として名前があがるstill

どんな香り?実際に嗅いでみた感想

全体的に香るのは「日本酒&アールグレイ」です。

最初はあまり紅茶感は感じられず、どちらかというと日本酒っぽさの方が強いです。

日本酒の香りは最初から強めで、噴射したては結構キツいので苦手な人はいると思います。

しかし時間が経つと徐々にアールグレイっぽさが出てきます

その中に、私はうっすらとハニーサックルの香りを感じました。

香調を見ると色んな種類の香りがたくさん配合されていて、他ではあまり嗅いだことのない独特な香りです。

日本酒とアールグレイっていう時点で、もうすでに独特な配合ですよね。

しかし全体的には、落ち着いた大人の女性といった感じの香りです。

手に取りやすい価格的なので、どんな香りか気になる方はチャレンジしてみてください。

1度目に購入したものは臭かった

今でこそ「いい匂いだな」と思えるstillですが、最初に嗅いだときの印象は最悪でした。

そのときの私のツイートがこちら↓

第一印象は、「くっさ…!!」

stillを愛用されている方、申し訳ありません。

自称香水マニアのわたくしですが、最初の正直な感想は「臭かった」です。

でもそれにはワケがあるんです。

楽天の通販で購入したのですが、私の元に来たものはたぶん倉庫での保存状態が悪かったんだと思います。

そのあいだに香りが劣化して、臭くなったのだと考えられます。

なぜかというと、勇気を出して2度目に購入したものは臭くなかったからです。

新品を買っても、中には保存状態の悪いものもあるんだなー…と思いました(汗)

香りを好きになるまで時間がかかった

第一印象が最悪だったからか、私はstillの香りを好きになるまで時間がかかりました。

噴射したての香りがキツくて苦手でしたが、でもなぜだかまた嗅ぎたくなるんです。

なんだかクセになってしまって、今では結構出番の多い香水になりました。

stillって本当に不思議な香りです。

それではまた、次の記事で〜。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
もくじ
閉じる