キンキーブーツのサントラCDで蘇る、ローラ役のあの人のエネルギー

10月某日、キンキーブーツのサントラCDが届きました。

昨年YouTubeで舞台映像を観てから、ずっと生で観たかったキンキーブーツ

今年は思いがけない出来事があり、その願いは永久に叶わぬものとなってしまいました。

映像化も、少し期待していましたが権利の問題で断念。

その代わり?として、再販されたサントラCD。

キンキーブーツを全編映像で観ることはできなかったけど、音声だけでもこの作品を堪能したいという思いで購入しました。

結果、買って大正解。

臨場感のあるサウンドで、全曲聴き終わる頃には体温の上昇を感じました。

音声だけでも迫力がありました。

映像の部分はYouTubeで補完。

こんな舞台の堪能の仕方もあるんだなぁ…と気づきました。

個人的に大好きなのが、Land of Lola~ローラの世界~

YouTubeでもこの曲のシーンは圧巻だったので、迫力のある音声で聴けるのが本当に嬉しかった。

歌詞も印象的で、1度聴いた時から忘れられませんでした。

モンローのSexyな所作(ポーズ)
動きはフレッド・アステア
昼はジーザス 夜はマリア
ちょっと毛深いマリア

↑この歌詞が本当に好き。

ローラというキャラクターを表現するのに最も適していると思う。

森雪之丞さんの訳詞の妙を感じます

ところで森雪之丞さんて時々名前は目にするけど、どんな人かは全く存じ上げません。

多分凄い人だと思います(小並感)

もっと、三浦春馬の声で色んな歌を聴きたかったなぁ。

1stシングル Fight for your heart みたいな高揚感のある曲が沢山聴きたかった。

でも、Fight for your heartに匹敵するほどの迫力と高揚感を味わえるLand of Lolaの音源を手に入れることができて本当に良かった。

身体の隅々まで神経を行き渡らせた、張り詰めたような高揚感のある三浦春馬のパフォーマンスが大好きです。

時には観てるこっちが疲れてしまいそうなほどの、緊張感のあるパフォーマンスは三浦春馬の持ち味の1つだと思います。

彼のパフォーマンスや作品からは、そのストイックさがこれでもかというほど伝わってきて、独特の高揚感を感じます。

その高揚感の中にずっといると疲れてしまいそうだけど、時々スパイスのように味わいたくなるんです。

この高揚感が時々忘れた頃に味わいたくなるスパイスなら、私は多分、三浦春馬を忘れることはないのではないかと思います。

ちょっと何言ってるかわかんなくなってきたけど、そういうことです(どういうこと)

三浦春馬が生み出した究極の高揚感が、キンキーブーツには散りばめられています。

ちょっと奇抜な作品ではあるけど、彼の代表作であることは間違いない。

忘れられない作品になりました。

あわせて読みたい
「キンキーブーツ」日本版サントラCDは、どこで買える?
「キンキーブーツ」日本版サントラCDは、どこで買える?2020年9月4日、故・三浦春馬さんの所属事務所アミューズが、下記の発表をしました。https://sp.amuse.co.jp/20200904/ より三浦春馬さんの夭逝後、出演舞台「キンキー...
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる