amazonでKindleを買ってみた【広告つきで問題ない】

URLをコピーする
URLをコピーしました!

今回は、購入をずっと迷っていたAmazon Kindleを買ったのでレビューします。

↓私が買ったのはこちら(スクショです)

いわゆる「無印Kindle」というやつです。

広告の有無に関しては、Amazon fire HDの方でも広告がそんなに気にならなかったので

広告なしより約2000円ほど安い広告つきのKindleにしました。

携帯できるように、純正のカバーも購入しました。

もくじ

届いたのがこちら

開封の儀。

↑本体の後ろ側のニッコリマークがかわいい。

↓カラーがホワイトなのでわかりづらいけど、カバーの方にもニッコリマーク。

装着してみた。

ピッタリ〜。(純正カバーなので当たり前か)

全く気にならない「広告」

どうやらこれが「広告」らしい。

電子書籍を読んでる間は出てこないので、広告つきでも全然問題ない。

Wi-Fiに繋いで、Kindleストアにアクセスしてみた。

電子書籍を購入してみた。

Netflixで「アンという名の少女」を観たので、原作の「赤毛のアン」を買ってみました。

自分が読みやすいようにカスタマイズできるのがKindleのいいところ。

文字の書体大きさ太さを読みやすいようにカスタマイズできる。

太さとサイズをMAXにしてみた。

どエライことになったw

その他にも行間上下の余白縦画面で読むか横画面で読むかを選べる。

画面上の中央部分に時間を表示させるかさせないかを選べたり、

画面左下には、本を読み終えるまでの所要時間も表示できたりする。

時間を気にせず本の世界に没頭したい人は、時間の表示をオフにするのも良さそう。

活字だけでなく漫画も読める。

感想

スマホをずっと眺めてると目の疲労感がハンパない私ですが、

Kindleは目が疲れませんでした。

なぜかというと、スマホはバックライトにブルーライトが使われてるので

ブルーライトの光が直接目に入ってしまうそうです。

しかしKindleは「フロントライト」といって、画面を後ろからではなく真上から照らしているそうです。

ちょっと説明の仕方が難しいですが、フロントライトによって光が直接目に入りにくいため、目が疲れないそうです。

説明難しい。というか日本語難しい。

結論:普段から本をよく読む人や購入を迷ってる人は、Kindle買った方がいいよ。

私も購入にあたっては悩みましたが、電子書籍なのに目が疲れないところがすごく気に入りました。

Kindleの中では最安の「無印Kindle」広告付きでも、じゅうぶんに買う価値ありです。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
もくじ
閉じる