【はじめての宝塚】2013年 雪組公演「ベルサイユのばら フェルゼン編」感想

はじめての宝塚

2013年にNHKで放送された雪組公演「ベルサイユのばら」を家族がたまたま録画していて、

それを何気なく見たのが始まりでした。

なんとなく興味はあったものの、それまで1度も宝塚の舞台を観たことはありませんでした。

大袈裟な身振り手振りの演技にド派手なメイクで、宝塚初心者の私は若干ひいてしまいました。

特に、アンドレ役の未涼亜希さんが若い頃の美輪明宏さんにしか見えず、それが強烈に印象に残っています。

(上:美輪明宏
 下:未涼亜希)

似てませんか?とにかく未涼亜希さんの個性が強烈に印象深かったです。

各出演者の印象を挙げていきます。

目次

フェルゼン役:壮一帆

壮さんだけは、以前から顔と名前は知っていました。

家族が昔、1度だけ宝塚を観劇した際にパンフレットを買ってきてくれて、そこに載っていたのが壮さんでした。

随分前のことだったので、壮さんがまだ宝塚にいたことに驚きました。

あとで調べたら、当時私が見ていたのは2006年の全国ツアー「ベルサイユのばら オスカル編」のパンフレットでした。

当時は2番手のアンドレ役だった壮さんですが、7年の時を経て、主演のフェルゼン役へと大出世を遂げていたのです。

思いっきりのいい歌と、説得力のある演技はさすがとしか言いようがありません。

名場面の1つ「ゆけフェルゼン〜♪」のシーンは今でも時々観たくなってDVDを再生しています。

マリー・アントワネット役:愛加あゆ

顔が丸い。でも歌も演技もうまい

フェルゼンから別れを切り出されてショックを受ける時に、扇状に綺麗に扇子を落とすところが好き。

監獄に入れられ、ただ死の瞬間を待つのみという、悲壮感が漂う肝のすわった演技も見ものです。

オスカル役:早霧せいな

綺麗。最初の印象は「ガラス細工みたいな人」

歌と演技は多少硬いながらも、決闘のシーンは圧巻です。

あとから知りましたが、オスカルの時のガラス細工のような姿からは、あんなに熱い人だとは思いもよりませんでした。

アンドレ役:未涼亜希

顔が若い時の美輪さんにしか見えなくて印象に残りすぎる。そして歌がめちゃめちゃ上手い。

オスカルを想うアンドレの深みのある演技と歌が素晴らしくて、日に日に未涼亜希さんのファンになっていきました。

ベルナール役:彩凪翔

NHKが収録したバージョンの、彩凪さんの初登場シーンに心を奪われました。

笑顔がキラキラしていて、とても印象的でした。

…なんで私はあの時のNHKバージョンの録画を消してしまったのかと少々後悔しています。

観れば観るほど世界観に引き込まれる宝塚

初めての宝塚作品で大袈裟な身振り手振りに圧倒されながらも、なぜかその後も何度もこの作品を観ました。

私の中で「ベルサイユのばら」といえば、この“壮さんのフェルゼン編” が真っ先に頭に浮かびます。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる